おすすめなGoogle Chromeの拡張機能【便利な拡張機能16選】

おすすめなGoogle Chromeの拡張機能【便利な拡張機能16選】

どのGoogle Chromeの拡張機能をインストールすればいいかわからない…
おすすめの拡張機能を教えて!

 

Google Chromeには、拡張機能というデフォルトのGoogle Chromeの機能を拡張する機能があります。

この拡張機能を利用することで、Google Chromeの機能を拡張することができます。

本記事では、数あるGoogle Chromeの拡張機能の中から、便利なGoogle Chromeの拡張機能を厳選してご紹介します。

 

Google Chromeの拡張機能を利用したことのない人のために念のためにご説明しておきますが、Google Chromeの拡張機能は、Chrome ウェブストアからダウンロードすることができます。

 

Google Chromeの拡張機能って何?という方は、基本的な知識を以下の記事でご紹介してありますので、ご確認ください。

Google Chromeの拡張機能とは?【使い方、設定方法を解説】

 

特におすすめなGoogle Chromeの拡張機能

ここでは、使用頻度の高いGoogle Chromeの拡張機能をご紹介します。

一般的な用途のものが多いため、基本的にはインストールすることをおすすめします。

Go Back With Backspace

Go Back With Backspaceは、[Backspace]キーに『一つ前のページに戻る』機能を追加する拡張機能です。

昔のバージョンのGoogle Chromeには、この機能がデフォルトで備わっていましたが、最新のバージョンのGoogle Chromeではこの機能が削除されています。

この拡張機能を導入していないと、一つ前のページに戻るたびにブラウザ左上の戻るボタンを押す必要があります。

この拡張機能は、非常にシンプルな機能ですが、一つ前のページに戻るという使用頻度の高い機能だからこそ効率化のメリットは大きいです。

ダウンロードページのリンク:Go Back With Backspace

NextPage – auto load next page

NextPage – auto load next pageは、Googleの検索結果などの複数ページに分割されたウェブページの次のページを自動的に読み込む拡張機能です。

具体的には、以下のように複数ページに分割されたウェブページを下にスクロースしたときに自動的に次のページが読み込まれます。

AutoPatchWorkやGoogle Auto Next Pageなどこの拡張機能と同じような機能を持った拡張機能は存在しておりましたが、現在は削除されており、使用することができません。

複数のページに分割されたウェブページは非常に多く存在するため、次のページを自動的に読み込めるようにしておくとブラウジングを効率化できます。

ダウンロードページのリンク:NextPage – auto load next page

NextPage – auto load next page有り

NextPage – auto load next page無し

Google検索キーボードショートカット

Google検索キーボードショートカットは、Googleの検索結果ページで利用できるキーボードショートカットを追加する拡張機能です。

Google検索キーボードショートカットを導入すると、Googleの検索結果に以下のようなカーソルが表示されるようになり、そのカーソルを操作することで、表示するウェブページを選択することができます。

ブラウジングをキーボードのみで完結させられるため、とても便利な拡張機能です。

ノートPCでは、マウスを使用せずキーボードとトラックパッドのみで操作する機会が多いため、ノートPCを利用している方は得られる恩恵が特に大きいです。

ダウンロードページのリンク:Google検索キーボードショートカット

crxMouse Chrome Gestures

crxMouse Chrome Gesturesは、Google Chromeをマウスによるジェスチャー操作で制御できるようにする拡張機能です。

一部のジェスチャー例ですが、デフォルトの設定では以下のようなジェスチャーが利用可能です。

新たなジェスチャーを設定することもできます。

crxMouseを導入しておけば、マウスでのブラウジング効率は格段に上昇します。

ダウンロードページのリンク:crxMouse Chrome Gestures

OneTab

OneTabはGoogle Chromeの複数のタブを1ページにまとめられる拡張機能です。

OneTabでは複数のタブを以下のように1ページにまとめられます。

『すべてを復元する』を選択すればまとめたタブを復元できます。

『ウェブページとしてシェアする』を選択すればまとめたタブを他の人と共有することも可能です。
他の人と共有しなくとも、一人で複数デバイスを利用している場合に、デバイス間でウェブページを共有できるのは大きいです。

調べ物をした結果を1ページにまとめておけば、同じことをもう一度確認したいときにもとても便利です。

ダウンロードページのリンク:OneTab

Video Speed Controller

Video Speed Controllerは、Youtubeなどの動画の再生速度をコントロールできるようにする拡張機能です。

Video Speed Controllerを導入すると、動画の左上に以下のようなパネルが表示されます。

パネル内の表記とそれぞれのボタンの機能は以下になります。

それぞれのボタンは、キーボードにもショートカットとして割り当てられており、以下ではデフォルトのキー割り当てを記載してあります。

また、キーワードショートカットのみで利用可能な機能もあります。

パネル内の表記 キー割り当て 効果
1.00 現在の再生速度(倍速)。
<< Z 指定秒間動画を巻き戻す。(デフォルトでは、10秒)
S 動画の再生速度を遅くする。(デフォルトでは-0.1倍速)
+ D 動画の再生速度を速くする。(デフォルトでは+0.1倍速)
>> X 指定秒間動画を進める。(デフォルトでは、10秒)
× V パネルを閉じる。
R 再生速度を1.00に戻す。
G 事前に指定した再生速度に変更する。

Youtubeなどでは、一部の機能はデフォルトで使えたりするため、すべてのショートカットを覚える必要はありませんが、「S」、「D」などの動画の再生速度を上げたり、下げたりするショートカットは使用頻度が高いため、覚えておくと便利です。

ダウンロードページのリンク:Video Speed Controller

Simple ExtManager

Simple ExtManagerは、インストールしたGoogle Chromeの拡張機能のON、OFFを切り替える操作を簡易化できる拡張機能です。

Simple ExtManagerが導入されていない場合、拡張機能のON、OFFを切り替えようと思うと、Google Chromeの設定>拡張機能とページ遷移し、そのページ内で対応する拡張機能のON、OFFを切り替えなければなりません。

しかし、Simple ExtManagerを導入すれば、以下のように拡張機能一覧ボタンの箇所に以下のような拡張機能のON、OFFを切り替えられるボタンが追加されます。

複数の拡張機能をインストールしてくると、使うときだけONにしたい拡張機能がでてきます。

Simple ExtManagerは、そのニーズにこたえた拡張機能ですね。

ダウンロードページのリンク:Simple ExtManager

AdBlock

AdBlockは、ウェブページ内に表示される広告の表示をブロックしてくれる拡張機能です。

Youtubeなどの動画で表示される広告もスキップしてくれるので非常に便利ですね。

googleキーワードプランナー等の一部のサイトでは、AdBlockが動作していると正しく表示されなくなるウェブページもあるので、Simple ExtManagerと合わせて利用して、拡張機能のオン、オフをワンタッチで切り替えられるようにしておくと便利ですね。

ダウンロードページのリンク:AdBlock

Download Notifier

Download Notifierは、データのダウンロード完了通知してくれる拡張機能です。

容量の大きいデータをダウンロードする際には、ダウンロードに時間を要するため、ダウンロードしていることを忘れたころにダウンロードが完了したりします。

Download Notifierを導入していれば、ダウンロードが完了したタイミングで通知することができるため、ダウンロードに時間がかかったとしても、ダウンロードが完了したことをすぐに認識することができます。

ダウンロードページのリンク:Download Notifier

Linkclump

Linkclumpは、複数のリンクをまとめて開くことができる拡張機能です。

Linkclumpを導入すると、「Z」キーを押しながらブラウザ内を範囲指定すると、指定された範囲に以下のようなオレンジ色の枠が表示されるようになります。

Linkclumpでは、この選択したオレンジ色の枠内のリンクをまとめて、新しいタブで表示することができます。

ニュースや検索結果の一覧から複数リンクをまとめて開いて内容を確認したいとき使うと非常に便利な拡張機能です。

ダウンロードページのリンク:Linkclump

Bookolio

Bookolioは、Google Chromeのホーム画面をカスタマイズできる拡張機能です。

Bookolioを導入すれば、以下のように、Google Chromeのホーム画面で検索する検索先サイトを変更したり、ブックマークを複数並べる並べることが可能です。

検索先サイトの変更は日本ではあまり利用されていないサイトが多いため、利用していませんが、ブックマークの列挙は非常に便利です。

設定次第では、検索バーからブックマークの検索もできます。

また、頻繁にアクセスするブックマークを集計して表示するような機能もあり、便利ですね。

ダウンロードページのリンク:Bookolio

 

たまに役立つおすすめGoogle Chromeの拡張機能

ここまでは、使用頻度が高く、誰もが利用するようなGoogle Chromeの拡張機能をご紹介しました。

ここからご紹介する拡張機能は、使用シーンは限られてしまいますが、導入しておくと便利な拡張機能をご紹介します。

自分が利用しそうな拡張機能のみ導入する方針で良いと思います。

IE Tab

IE Tabは、Google ChromeでInternet Exploreのタブとしてウェブページを開く拡張機能です。

ウェブページによっては、Google Chromeに対応しておらず、Internet Exploreのみ対応しているウェブページがあります。

インターネット上にアップロードされているウェブページでは最近あまり見かけませんが、社内の古いイントラネットのページなどではたまに見かけます。

普段はGoogle Chromeを利用しているのに、そのようなページを開くときだけInternet Exploreを立ち上げていては手間です。

IE Tabを導入すれば、以下のように拡張機能のIE Tabボタンを押すだけでそのページをIEのタブとして開くことが出来ます。

特定のURLのみ自動でInternet Exploreで開くようにする設定も可能です。

IEでしか開けないウェブページに普段からアクセスする方は導入すると便利です。

ダウンロードページのリンク:IE Tab

iKnow! ポップアップ辞書

iKnow! ポップアップ辞書は、ウェブページ上に表示されている英単語にカーソルを合わせるだけで、その単語の日本語役をポップアップ表示できる拡張機能です。

以下は、Controllerにカーソルを合わせたときのポップアップです。

英語の文献を調べているときには、非常に役立ちます。

しかし、常にこの機能が有効になっていると必要としていない状況でも、英単語にカーソルが重なった時にはポップアップが表示されてしまい、邪魔になります。

そのため、『Simple ExtManager』と合わせて利用すると非常に便利です。

ダウンロードページのリンク:iKnow! ポップアップ辞書

Proxy SwitchyOmega

Proxy SwitchyOmegaは、プロキシの設定の切り替えを簡易化できる拡張機能です。
※プロキシを全く利用していないという方は導入する必要が全くないので、次の拡張機能まで読み飛ばしてください。

一般家庭のネットワークでプロキシを利用している環境は少ないかと思いますが、会社や学校のネットワークではプロキシを利用しないとネットワークに接続できないという環境も多いのではないでしょうか。

会社や学校でのみ使用するPCならプロキシの設定を切り替える必要がないので気にすることはありませんが、自宅でも同じPCを使うとなるとその都度プロキシの設定を切り替える必要があります。

そのたびにGoogle Chromeの設定画面を開いてプロキシの設定を切り替えていると手間がかかります。

Proxy SwitchyOmegaを導入すれば、以下のようにワンタッチでプロキシの設定を切り替えたり、特定のURLに対しては自動的にプロキシを切り替えることができるため、非常に便利です。

ダウンロードページのリンク:Proxy SwitchyOmega

Todoist for Chrome

Todoist for Chromeは、Todoist(Todo管理サービス)用の拡張機能です。

Todoist for Chromeを導入すると、Google Chromeで開いているウェブページ上で右クリックをしたときに表示されるメニューに以下のような「Todoistに追加」のボタンが追加されます。

「Todoistに追加」ボタンを押せば、開いているウェブページを、紐づけているTodoistのアカウントに対してワンタッチでTodoとして追加できます。

後で見ようと思ったウェブページをTodoとして追加しておくと、忘れずにチェックできるので非常に便利です。

Todoistを利用している方は、インストールした方が良いですね。

ダウンロードページのリンク:Todoist for Chrome

Save as Shortcut

Save as Shortcutは、開いているウェブページをhtml形式や、url形式でダウンロードすることができる拡張機能です。

使い方は簡単で、ブラウザ右上の拡張機能一覧に表示されたSave as Shortcutのボタンをクリックするだけです。

私はこの拡張機能を利用して、ウェブページをurl形式で保存し、特定のコマンドを実行した際に複数のウェブページを一括して開くようなスクリプトと合わせて使っています。

かなりコアな拡張機能ですが、ニーズにマッチすると非常に便利です。

ダウンロードページのリンク:Save as Shortcut

 

まとめ

Google Chromeの便利な拡張機能をご紹介しました。

特にオススメなGoogle Chromeの拡張機能でご紹介した拡張機能は、誰もが使いそうな機能なので、ぜひインストールしてみてください。

たまに役立つオススメのGoogle Chromeの拡張機能でご紹介した拡張機能は、自分が使いそうな機能を選択してインストールすると良いかと思います。

ITカテゴリの最新記事