おしゃれなTwitterのヘッダー画像の作り方【フリー素材を活用】

おしゃれなTwitterのヘッダー画像の作り方【フリー素材を活用】

Twitterのヘッダー画像をおしゃれにしたい!
おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作り方を教えて!

 

Twitterのヘッダー画像をおしゃれにしたい!という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

Twitterでは、プロフィールを開くと、ページの上部にヘッダー画像が表示されます。

ヘッダー画像は表示面積が大きいので、閲覧者に対して自分のアカウントの雰囲気を伝える上で、大きな役割を担います。

 

本記事では、フリーの素材、サービスを使って、Twitterのおしゃれなヘッダー画像を作る方法をご紹介します。

おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作りたいという方には、必見の知識です。

 

本記事でご紹介するサービス、テクニックを使えば、デザインの知識ゼロでも、以下のようなヘッダー画像なら簡単に作れるようになります。

 

目次

Twitterのヘッダー画像とは

Twitterのヘッダー画像とは、Twitterのプロフィール上部に表示される画像のことです。

 

Twitterのヘッダー画像に何も設定していないデフォルトの状態では、以下のように表示されます。

デフォルトの状態では、プロフィールが少し味気ないですね。

 

見ても分かる通り、Twitterのヘッダー画像は、プロフィールの上部に一番大きく表示されるため、アカウントのイメージや雰囲気を伝える上で、非常に大きな役割を担います。

本記事では、このTwitterのヘッダー画像をおしゃれにする方法をご紹介します。

Twitterのヘッダー画像の設定方法

Twitterのヘッダー画像の設定は、プロフィール上部に表示される『プロフィールを編集』ボタンから行います。

 

『プロフィールを編集』ボタンを押して出てくる以下のウィンドウにて、カメラマークをクリックすることで、Twitterのヘッダー画像を設定できます。

 

既に設定したいヘッダー画像を持っている方は、ここでヘッダー画像を設定して完了です。

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは1500×500

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは、1500ピクセル×500ピクセルです。

 

推奨サイズを守ることで、サイズの大きい画像をヘッダー画像に設定して一部表示されなくなってしまったり、サイズの小さい画像をヘッダー画像に設定して画像がぼけてしまうことを避けられます。

フリーのヘッダー画像を探してくるとき、自分でヘッダー画像を作成するときには、推奨サイズに注意しましょう。

Twitterのヘッダー画像は上下50ピクセル程度カットされる?

Twitterのヘッダー画像は、推奨サイズの画像を設定しても、上下50ピクセル程度カットされるという情報をよく見かけます。

しかし、この問題は現在は解消しているようです。

 

推奨サイズの白背景の画像(1500ピクセル×500)の外枠2ピクセルの赤枠で囲った以下の画像をヘッダー画像に設定してみるとこのことを確かめられます。

 

以下が実際この画像をヘッダー画像に設定した結果です。

 

2ピクセルの外枠も表示されているので、上下50ピクセル程度がカットされる現象は確認できませんでした。

問題は解消していることがわかります。

ただし、ヘッダー画像左下のアイコン画像が重なっている箇所は、カットされますので、ご注意ください。

 

上記の画像は、原寸サイズでこの記事に貼ってありますので、ヘッダー画像のアイコン画像でカットされる箇所を確認したい際にご利用ください。

 

フリー素材を使ったおしゃれなTwitterのヘッダー画像の作り方

ここまでで、Twitterのヘッダー画像に関する概要をお伝えしてきました。

 

ここからは、実践的なフリー素材を使ったおしゃれなTwitterのヘッダー画像の作り方をご紹介していきます。

本記事では、Canvaというマルチメディアデザインプラットフォームを利用して、おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作成する方法をご紹介します。

おしゃれなTwitterのヘッダー画像をフリー素材のテンプレートから作成

Canvaでは、TwitterやFaceBookのヘッダー画像、Youtubeのサムネイル、ブログのバナー広告など様々な画像のテンプレートが無料で用意されています。

これらのテンプレートを利用すれば、無料で簡単におしゃれなTwitterのヘッダー画像を作成できます。

 

Canvaでは、Twitterのヘッダー画像のテンプレートは、Canvaのホームページ左上の『デザインを作成』ボタンをクリックして出てくる検索ボックスに『Twitter』と入力して出てくる『Twitterヘッダー』から利用できます。

 

『Twitterヘッダー』から画像の作成を開始すると、画像のサイズがTwitterのヘッダー画像の推奨サイズの1500×500になります。

 

自分好みのおしゃれなフリーのTwitterのヘッダー画像のテンプレートを選択する

テンプレートには、無料のものと有料のものがあります。

無料のテンプレートは、テンプレートにカーソルをあわせたときに『無料』という表示が出ます。

 

お金をかけずにTwitterのヘッダー画像を作成したい方は、無料のテンプレートを選択してください。

 

Twitterのヘッダー画像のテンプレートを自分好みに修正する

テンプレートでは、背景画像やテキストボックスなどがいい感じにデザインされています。

 

テンプレートの状態から大きく変更すると、元々デザインされている全体のバランスが崩れてしまいます。

修正内容は最小限として、以下のような項目のみ部分的に修正するのがベターです。

  • テキストの内容
  • テキストの色
  • テキストの位置
  • テキストのサイズ
  • 背景の色

 

実際にテンプレートを部分的に修正して、Twitterのヘッダー画像を作成する例をいくつかご紹介します。

 

例えば、以下のテンプレートを使用してみると、

 

テキストの内容とサイズを変更するだけでも、十分おしゃれな自分用のTwitterのヘッダー画像を作れます。

 

その他にも以下のテンプレートを使用してみると、

 

デザインの一部が、Twitterのアイコンとかぶってしまっていたので、各種パーツの位置、テキストのフォント、大きさを変更することで、以下のように簡単にTwitterのヘッダー画像を作成できます。

 

テンプレートから、おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作成する例を2つご紹介しました。

Canvaでは、フォントの大きさや位置を変更するだけで、おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作成できるので、非常に便利なサービスです。

おしゃれなTwitterのヘッダー画像を0から作成

Canvaは、人気のサービスで利用者も多いです。

そのため、CanvaのテンプレートからTwitterヘッダー画像を作成すると、他の人と似たようなデザインになってしまいがちです。

 

人と被らないオリジナルのヘッダー画像にしたいという方は、オリジナルの背景画像を使って、ヘッダー画像を作成することをおすすめします。

背景画像をさえ人と被っていなければ、オリジナリティは十分出せます。

オリジナルのTwitterのヘッダー画像用の背景画像を探す

おしゃれなオリジナルの背景画像はO-DANというフリーの画像の検索サイトから検索すると、良いです。

 

O-DANの画像検索システムは、日本語に対応しています。

自分がTwitterのヘッダー画像の背景に使用したい画像を表す日本語で検索すれば、自分好みの画像を見つけられます。

 

今回は、背景画像に以下の画像を使用して、ゼロからTwitterのヘッダー画像を作る方法をご紹介します。

Twitterのヘッダー画像に使用する箇所を切り取る

まずは、選んだ背景画像からTwitterのヘッダー画像に使う箇所を切り取ります。

 

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは1500×500(横×縦)で3:1の比率です。

そのため、選んだ背景画像から、横縦3:1の比率で、1500×500以上のサイズの領域を切り取れば良いです。

 

画像の切り取りには、Windowsの標準搭載の『ペイント』で十分です。

ペイントは、『Windowsマーク+R』を同時押しして出てくる『ファイル名を指定して実行』ウィンドウにて、『mspaint』と入力して『OK』ボタンをクリックすれば開けます。

 

編集したい画像を開くためには、開いたペイントに、編集したい画像をドラッグアンドドロップすれば良いです。

 

ペイントで画像を開けたら、Twitterのヘッダー画像として使いたい箇所を切り取ります。

切り取りたい領域を選択するためには、ウィンドウ上部の選択ボタンをクリックして、切り取りたい領域を選択すれば良いです。

画面左下の切り取り領域のサイズが、横縦3:1の比率で、1500×500以上のサイズになるように切り取れば、Twitterのヘッダー画像に適したサイズで切り取ることが出来ます。

 

切り取りたい領域を選択できたら、『Ctrl+C』で切り取りたい領域をコピーします。

そして、ペイントウィンドウ上部の『ファイル > 新規(N)』をクリックして作成した新規ページに切り取った領域を『Ctrl+V』で貼り付け、その画像を『Ctrl+S』で保存すればTwitterのヘッダー画像用の背景画像が保存できます。

Twitterのヘッダー画像用に切り取った背景画像をCanvaに取り込む

背景画像を切り取れたら、次はその画像を使って、CanvaでTwitterのヘッダー画像を作成していきます。

 

オリジナルの背景画像を使って、Twitterのヘッダー画像を作るときは、『デザインを作成 > カスタムサイズ』から作っていきます。

 

ここのサイズの指定は一つのポイントです。

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは、1500×500ですが、カスタムサイズでは、1875×625を設定します。

これは、Canvaでは、画像を取り込むときに作成する画像のサイズの80%に自動的にリサイズされた状態で取り込まれるためです。

Canvaで画像を取り込むには、画像の修正画面に画像をドラッグアンドドロップすれば良いです。

実際に画像を取り込んでみると、以下のように、カスタムサイズで作成する画像のサイズを1875×625に設定すれば、取り込まれる画像は、Twitterのヘッダー画像の推奨サイズ(1500×500)で取り込まれていることがわかります。

Canvaに取り込む背景画像をTwitterのヘッダー画像用に編集する

背景画像を画像を取り込めたら、あとはテキストを入力して、その画像をTwitterのヘッダー画像として修正していくだけです。

テンプレートからTwitterのヘッダー画像を作成するよりも少し手間はかかりますが、そこまで手間を掛けずにオリジナルの背景画像も作成可能です。

 

実際にテキストを入力して、Twitterの背景画像として修正が完了した例が以下です。

実際にテキストを入力していく過程では、テキストの可読性を上げるために知っておくと便利なデザインのテクニックがあります。

Twitterのヘッダー画像のテンプレートでは、既にこの辺のテクニックが活用されているため、特段気にする必要はありませんが、オリジナルの背景画像から作成する場合は、自分で考慮する必要があります。

 

後続の章で、それらのテクニックはまとめてご紹介します。

おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作る時に知っておきたい便利なテクニック

最後に、おしゃれなTwitterのヘッダー画像を作っていく上で、知っていると便利なデザインのテクニックをご紹介します。

Twitterのヘッダー画像の作成では、テキストの可読性を上げるテクニックの使用頻度が高いため、ここでは、テキストの可読性を上げるテクニックに焦点を当てて記載します。

色相・明度・彩度を使ってTwitterのヘッダー画像の文字の可読性を上げる

背景と文字とで明度・彩度のコントラストをつけると文字の可読性が上がります。

 

色相、彩度、明度の概要は以下の通りです。

パラメータ パラメータの意味
色相 色の種類(赤、青、緑等の色)
彩度 色の鮮やかさ
明度 色の明るさ

 

色相、明度、彩度については、以下の記事で詳しく解説してあります。

しっかり理解しておくと、デザインの幅が広がりますので、詳しく理解したい方は、以下の記事をご参照ください。

デザイン初心者必見!色彩学に基づくブログをおしゃれにする配色の基本

 

実例をもとにこのデザインのテクニックについて確認していきます。

 

以下が背景と文字とで色相、明度、彩度のコントラストをつけなかった場合です。

背景と文字とが同化してしまっており、文字の可読性は非常に低いかと思います。

一方で、以下が背景と文字とで色相、明度、彩度のコントラストをつけた例です。

背景と文字とで色のコントラストが出来て、文字の可読性が上がっているかと思います。

 

画像に文字を入力する際には、背景画像と色相、明度、彩度のコントラストをつけた色の文字にすることが大切です。

下地を使ってTwitterのヘッダー画像の文字の可読性を上げる

背景と文字とで明度・彩度のコントラストをつけると文字の可読性が上がるとはいえ、背景色とコントラストの小さい文字色に設定したい場合もあるかと思います。

 

そのような場合には、背景と文字との間に透明度を高めた下地を入れると良いです。

 

以下が前述の背景と文字とで色相、明度、彩度のコントラストをつけずに可読性が低かった例に透明度を持たせた下地を入れた例です。

文字の可読性が格段に上がっているかと思います。

このテクニックは、文字の可読性を簡単に高めることができるため、非常に便利なテクニックです。

縁取り、影を使ってTwitterのヘッダー画像の文字の可読性を上げる

文字に縁取りをつけると、文字の存在感が高まり可読性も上がります。

 

Canvaには、文字の縁取りや影をつける機能は存在しないため、これらを実現するためにはちょっとしたテクニックが必要になります。

Canvaで文字の縁取る方法

Canvaでは、太字と通常の文字の2つ重ねて表示することで文字の縁取りを表現します。

 

この縁取りの表現方法は、太字にしても文字の幅が変わらないフォントでしか利用できません。

以下の例では、フォントに『あおぞれ明朝 Heavy』を利用しています。

背景を実際の背景画像にして、文字の縁取りによる可読性の変化を確認します。

 

以下は文字に縁取りをもつけていない例です。

背景と文字が若干同化していて可読性が低いかと思います。

 

以下は文字に縁取りをつけた例です。

文字と背景との境界線がくっきりして文字の可読性が高まったかと思います。

Canvaで文字に影をつける方法

Canvaでは、2つの文字を若干ずらして重ねることで文字の影を表現します。

この影の表現方法は、フォントを選ばずに利用できます。

背景を実際の背景画像にして、文字の縁取りによる可読性の変化を確認します。

 

以下は文字に影をつけていない例です。

背景と文字が若干同化していて可読性が低いかと思います。

以下は文字に縁取りをつけた例です。

文字と背景との境界線がくっきりして文字の可読性が高まったかと思います。

ぼかしを使ってTwitterのヘッダー画像の文字の可読性を上げる

背景をぼかすと文字の可読性が上がります。

 

以下は背景をぼかしていない例です。

背景と文字が若干同化していて可読性が低いかと思います。

以下は背景をぼかした例です。

背景と文字の境界線がはっきりして、可読性が上がっているかと思います。

フリー素材を使ったおしゃれなTwitterのヘッダー画像の作り方まとめ

本記事では、CanvaやO-DANのフリー素材を利用しておしゃれなTwitterのヘッダー画像を作る方法をご紹介しました。

 

Twitterのヘッダー画像は、表示面積が大きいので、閲覧者に自分のアカウントの雰囲気を伝える上で重要な役割を担います。

本記事でご紹介した知識をもとに、おしゃれなヘッダー画像を作成してみてください。

 

本記事で紹介した知識は、画像のサイズさえ変更すれば、他のサービスでのサムネイルやヘッダー画像にも流用できます。

以下でご紹介している色に関する知識も合わせて身に着けておけば、簡単なデザインは自分でできるようになります。

良ければ合わせてお読みください。

デザイン初心者必見!色彩学に基づくブログをおしゃれにする配色の基本

本記事の情報が、Twitterのヘッダー画像を作成する方の参考になれば幸いです。

ITカテゴリの最新記事